【WordPress】PHPのDate関数で現在の年を自動更新する方法

Webサイト上では、フッターのコピーライト表記など、現在の年を表示したい場合があります。

HTML上で年を直接記入することもできますが、その場合は更新するのを忘れたり、そもそも毎年手動で更新するのは手間がかかりますよね。

今回の記事では、PHPのDate関数を利用して、現在の年を自動で更新する方法を紹介します!

WordPressサイトや、PHPが動作する環境で使用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

PHPが使えない場合はJavaScriptで実装する方法を紹介していますので、そちらも合わせてどうぞ。

/linkはる

目次

PHPで現在の年を表示する実装コードの解説

PHPでは、Date関数で以下のようにして現在の年を表示することができます。

<?php echo date('Y'); ?>

Date関数について詳しく知りたい方は、PHPの公式ドキュメントから確認してください。

上記のコードを使用して、WordPressサイトでコピーライトの年数を自動更新したい場合は、以下のように記述します。

<footer>
  <p>© 2020 - <?php echo date('Y') . " " . get_bloginfo( 'name' ); ?></p>
</footer>

2020の部分は、自身のサイトが作成された年の数値を入力してください。

このコードをfooter.phpなどのファイルにペーストすることで、自動的に今年の年数が表示されるようになります。

また、WordPressの関数get_bloginfo()'name'を渡すことで、サイトのタイトルを取得してくれます。

WordPress以外で使用したい場合、もしくはサイトタイトルを手動で記入したい場合は、以下のようにします。

<footer>
  <p>© 2020 - <?php echo date('Y'); ?> ここにサイト名を入力</p>
</footer>

これで現在の年を自動で更新する方法は終わりです。

【まとめ】PHPのDate関数で現在の年を自動更新する方法

PHPのDate関数を使用して、現在の年を取得して表示する方法を紹介しました。

この記事の方法で実装すると、毎年更新する必要がなくなるので便利ですね。

サイト上に現在の年を表示する機会があれば、ぜひ試してみてください。

JavaScriptでも同様の機能を実装する方法を紹介していますので、そちらもよかったらチェックしてください。

/linkはる

Web制作に関する
記事案を募集中!

Web制作について知りたいこと、質問等ありましたら、以下のフォームから気軽に投稿してください。
要望が多かったものは解説記事を作成します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる