WordPressでSVGをアップロード可能にするプラグイン「Safe SVG」

WordPressでは、SVG画像をアップロードしようとすると以下のエラーが表示されてしまいます。

このファイルタイプはセキュリティ上の理由から、許可されていません。

SVGにはいくつかの脆弱性があり、公式ではサポートされていないことが原因ですね。

今回の記事では、SVGの脆弱性の対策&SVGファイルをアップロード可能にしてくれるプラグイン「Safe SVG」について紹介します。

プラグインをインストールして有効化するだけで使えるので、ぜひ使ってみてください。

目次

WordPressプラグイン「Safe SVG」について

Safe SVGの主な機能は、以下のとおりです。

  • WordPressの管理画面からSVGファイルをアップロード可能になる
  • SVGの脆弱性を排除してくれる
  • 管理画面からSVGファイルのプレビューが見れる

WordPressでSVGを扱うには、充分な機能ですね。

こちらのプラグインは40万件以上インストールされており、SVG関連のプラグインではかなり人気のようです。

「Safe SVG」のインストール方法

まずは「Safe SVG」のインストール方法から見ていきましょう。

WordPressの管理画面から、[プラグイン]→[新規追加]に進み、「Safe SVG」と検索してください。

上記のプラグインが見つかったら、[今すぐインストール]→[有効化]してください。

設定等は一切必要ありませんので、これで準備完了です。

「Safe SVG」の使い方

jpgやpngをアップロードするのと同じ方法で、SVGをアップロードできます。

試しにSVGファイルをアップしてみます。

先程はエラーメッセージが出てアップできませんでしたが、プラグイン設定後はアップに成功しました。

ファイル名を見てもらうと分かる通り、SVGファイルが表示されていますね。

SVGを使用する際も、通常の画像と同じようにページ内に挿入できます。

アップしたSVGファイル

これで「Safe SVG」の使い方は以上です!

SVGの脆弱性対策&WordPressでアップロード可能にするには「Safe SVG」がおすすめ!

「Safe SVG」の機能をもう一度まとめておきます。

  • WordPressの管理画面からSVGファイルをアップロード可能になる
  • SVGの脆弱性を排除してくれる
  • 管理画面からSVGファイルのプレビューが見れる

WordPressでSVGファイルをアップして使用したい場合は、ぜひ「Safe SVG」を使ってみてください!

Web制作に関する
記事案を募集中!

Web制作について知りたいこと、質問等ありましたら、以下のフォームから気軽に投稿してください。
要望が多かったものは解説記事を作成します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる